ダイエットと痩せる女性ホルモン

肥満女性ダイエットを行うには、計画的な食事の変更は欠かせませんが、意外に見落としがちな原因があります。
女性ホルモンはバランスが崩れる事によって、肥満や健康といった様々な問題を引き起こします。
女性には生理や排卵といった周期的な体の機能がありますが、ホルモンの乱れでリズムは狂い始めます。
周期の乱れは体の不調だけではなく、精神的な不安定さを引き起こす引き金にもなってしまいます。
体の不調は食事の消化吸収が乱れる事によって必要な栄養素が不足する事が原因の一つです。
また精神の不安定は暴飲暴食の切っ掛けになるので、これもダイエットを妨げる原因になります。
ダイエットは健康的な状態があってこそ実現するので、痩せる取り組みと同じく女性ホルモンの安定化が必要です。
健康な精神は健康的な体から生まれるので、体調を整える事がダイエットの基本といえます。
生理期間の場合は誰にでも不調は発生する期間ですし、女性ホルモンの乱れが現れる時期なのでダイエットには向きませんが、無理をしなければ運動は出来るので軽めの内容でダイエットを継続する事は可能です。
むしろ、女性ホルモンの特徴と変化を理解出来れば、効果的なダイエットを行う事も不可能ではありません。
女性ホルモンの一種エストロゲンは女性にプラスの働きを行うホルモンであり、女性ホルモンのエストロゲンが多く分泌される時は体の調子が良くなったり、集中力が増して行動力が高まります。
この時に運動を行えば、ダイエット効果が通常より引き出せるので、痩せる取り組みに適した期間になります。
エストロゲンは体に脂肪を付き易くしますが、同時に消費効率を高める効果もあるので、分泌量が高まる女性の生理期間中の取り組み方次第で痩せる目的を達成できるかもしれません。

ゼニカルで簡単にダイエット

ゼニカルは食後の1時間以内に服用するだけで摂取した脂肪の約30%をカットする効果が期待でき、大きなストレスとなる厳しい食事制限や辛く時間のかかる運動など生活習慣の改善の必要も無く、簡単にダイエットが可能となる医薬品です。
ゼニカルは食事などで摂取される脂肪を消化器系で吸収する為に脂肪を遊離する消化酵素リパーゼに作用する事で、脂肪の遊離を阻害し摂取した脂肪の吸収を抑制しています。
ゼニカルはリパーゼに直接作用する事でリパーゼを不活性化しているので、食欲抑制剤の様に脳の満腹中枢に直接作用する事が無く、医薬成分に対する依存性も無く安全な医薬品です。
服用後3日~5日で尿や便として医薬成分のほとんどが体内に残留する事無く排泄されるので、副作用の発生度数が非常に低い安全性の高い医薬品としてアメリカの食品医薬品局でOTC医薬品に承認されています。
しかし、ゼニカルの作用機序上避けられない副作用として、便意のセルフコントロールの困難さと脂溶性ビタミン類の排泄があります。
ゼニカルはオルリスタットの医薬効果により吸収出来なかった脂肪をそのまま排泄する為、排便派多くの脂肪を含み非常に柔らかい油状となり、気付いた時には便が漏れていたりオナラと一緒に便が出てしまうなど便失禁のトラブルの危険性があり、大人用のおむつや生理用ナプキンなどの備えが必要です。
またゼニカル服用中は未吸収の脂肪と共に脂溶性ビタミン類が排泄されてしまう為に、脂溶性ビタミン類の欠乏症を発症するリスクがあり、不足分をサプリメントなどで補給する必要がありますが、サプリメントの服用はゼニカルの服用後2時間以上の間隔をあけて服用する必要があります。

ゼニカルは油にしか効かない

ダイエットのためにゼニカル服用する時に食べてはいけない物はなんなのでしょうか。
基本的にゼニカルは油に効果を効かせるお薬なので、なにがいけないというのはないもののゼニカルの効果が発揮されない食材はあります。
ゼニカルは食べた油に対してその油を包み込んで、そのまま体外に排出させることに長けている医薬品ですが、油以外の糖分などの太る要素になり得るものに関しては、ゼニカルの効果を活かすことができませんので、その点はあらかじめ理解をしておくことです。
人間の嗜好品は個々の差がありますし、太ってしまった要因は何をどれほど食べ過ぎたかにもよりますが、油もののみで激太りをするかと思えば、砂糖を過剰に好きで食べ過ぎて太ることもありますし、白米や菓子パンなどの炭水化物が好きで食べ過ぎて肥満に落ちいるケースもあります。
単に痩せたいからゼニカルさえ飲んでおけばスリムになれると思ったら、それは少し違うのです。効果が出てダイエットができるのが、炭水化物や砂糖ではなくあくまで油だけだということです。
だからゼニカルを服用していても白米や甘いスイーツのような菓子パン、それにチョコレートやアイスクリーム、生クリームたっぷりのケーキなどを好きなだけ食べれば普通に体重は増えていきます。
成分的にも炭水化物や砂糖は包み込んで出すことはできないため、服用をしたところであまり役に立つことがありません。
だからゼニカルを服用するにしても、無駄に炭水化物と砂糖を食べ過ぎてはいけないのです。
炭水化物や砂糖がものすごく好きな人であれば、それはゼニカルに頼るのではなく他の医薬品やサプリメントの利用になりますが、それ以前に糖質も炭水化物もある程度はセーブして食べると良いでしょう。