ダイエット成功のために豆腐メニューを作る

豆腐は低脂肪で高タンパクな大豆食品ですから、普段の食事メニューに取り入れることでダイエット効果も促進できます。植物性の食品でありながらも、肉の代わりとして主菜にできる利点もあります。余計な水分を取り除けば、ステーキにして調理できます。ステーキにしてもカロリーはとても低く、ダイエットにとって極めて有効な料理となります。
豆腐を納豆汁に入れる場合には大豆の栄養を複合的に摂取できます。納豆汁を食べれば、食物繊維や酵素もたっぷりと摂取できて健康的です。豆腐と納豆を一緒に食べるようにすれば、牛肉や豚肉を食べなくても丈夫な骨や筋肉を作るための栄養を摂取できます。納豆汁だけでなく、いつものメニューに欠かせない味噌汁に豆腐を入れて食べることもおすすめです。
豆腐をメニューに加えるときには、体を冷やす食材であることを認識する必要があります。水分が多いですから、冷奴にして食べれば体を冷やしやすいことが実感できます。ダイエット中には体を冷やすことは特に避けるべきなのは、新陳代謝を鈍くしてしまうためです。冷たい豆腐を上手に食べるための知恵として、冷奴にはショウガやネギなどの温性の薬味を添える伝統があります。中華料理の麻婆豆腐にして食べれば、唐辛子のカプサイシンのおかげで脂肪を燃焼しやすくなります。
豆腐は肉の代わりとして使うだけでも、カロリーを大幅に軽減できます。ハムの代わりにしてサラダに入れても十分に美味しく食べられます。フライパンで油炒めにして醤油で味付けしてご飯にかけるだけでも美味となります。メニューの中で常に主役として使うことで、動物性脂肪の摂取量を減らしてダイエット効果の高い食事にすることができます。