太るホルモンとダイエット

太る前と太った後の女性のお腹ストレスが溜まると太りやすいと、聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。イライラしてしまって、ついつい暴飲暴食してしまい体重が増加してしまった、また食事量は変わっていないのにも関わらずお肉がついてしまったというケースも少なくありません。
なぜ、ストレスを感じると太りやすくなるのかというと、「コルチゾール」というストレスホルモンによって太りやすい体質になってしまうからです。脳がストレスを感じるとコルチゾールというホルモンが分泌します。コルチゾールは誰でも分泌されるホルモンなのですが、過剰に作られてしまうとダイエットの大きな弊害となるのです。
コルチゾールが増えすぎてしまうと、脳内ホルモン「セロトニン」の分泌が低下してしまいます。セロトニンは食欲を抑えるホルモンですので、少なくなってしまうと食べ過ぎてしまう傾向にあります。ストレスを感じ暴飲暴食に走ってしまうのはセロトニンが大きく関わっているからなのです。
食事をした際、血糖値が上がる事から「インスリン」というホルモンが分泌されます。コルチゾールはインスリンの作用までも弱めてしまいます。インスリンの作用が弱まると、いつも以上にインスリンを多く分泌して、体は対応しようとします。実はインスリン、別名「肥満ホルモン」と言われているホルモンです。インスリンが増えれば増える程、脂肪が体に蓄積されやすくなる為、太りやすい傾向にあります。
この他にコルチゾールは、筋肉を作る成長ホルモンの分泌を阻害する働きもあると、言われています。このように、ストレスを感じるとダイエットの効果を半減してしまうような、様々な障害が起こるのです。ダイエットを効率的に進めるには、ストレスをなるべく溜めない、リラックスできる時間を設ける事が大切です。